2015年03月14日

千葉雄大が2015年4月新ドラマ書店ガールに!役どころとあらすじは?

千葉雄大さんが2015年4月期の新ドラマ「戦う!書店ガール」に出演されますね。

AKB48の渡辺麻友さんと稲森いずみさん主演で話題になりそうですね。

新たに出演の決まった千葉雄大さん。

役どころとあらずじを調べてみました。

千葉.bmp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150312-00000357-oric-ent.view-000


「戦う!書店ガール」あらすじ



フジテレビ系2015年4月期の火曜日夜10時枠の新ドラマ「戦う!書店ガール」がスタートします!


舞台は老舗書店の「ペガサス書房」。

ネット書店の台頭などから書店の経営が厳しくなる中、本に救われた経験を持つ、渡辺麻友さん演じる(北村亜紀)と稲森いずみさん演じる(西岡理子)が主人公。


20代と40代の働く女性が考え方や境遇の違いからぶつかりながら仕事や恋の困難にも乗り越えて、自分に足りないところや忘れていたものに気づき成長していくウーマンライフドラマ。


男より仕事や夢を追いかける亜季と仕事1番で働いたがために今期を逃してしまった理子。

しかし亜紀はコネで入社したお嬢様。

方や理子は苦労して今の地位を築き上げた苦労人。

境遇も性格も違う「水と油」の2人が仕事と恋愛と人生という試練を乗り越える痛快ストーリー。



原作は碧野圭さん。

脚本は「名前をなくした女神」の渡辺千穂さん。

書店ガール (PHP文芸文庫)

新品価格
¥740から
(2015/3/14 22:38時点)





渡辺麻友さんはゴールデンの連続ドラマは初主演。

AKBでの活動だけでなく様々なジャンルに手を伸ばす渡辺麻友さんの演技力にも注目したいですよね。

アイドルがドラマに出ると「カワイイけど演技が」って事があるが渡辺麻友さんなら大丈夫でしょう。

まあ、カワイイだけでいいんですけどね。

そこにベテランの稲森いずみの演技がひかります。

稲森いずみさんってとても美人ですが脇役が多いイメージですが、今回は主役として渡辺麻友さんを引っ張ってほしいですね。

Sponsord Link









千葉雄大さんの役どころは?



千葉雄大さんは物静かな文学青年「三田孝彦」を演じます。

他人の良いところも悪いところも見抜いてしまうんですって。

そのため他人と距離を取ろうとする不器用な性格。


孝彦は亜紀に言い寄れれますが、理子に特別な感情を持つという難しい役どころ。

ちょっと中性的な千葉雄大さんですが、書店の店員というのはぴったりの役だと思いますね。

最近人気急上昇中の千葉雄大さんには世の肉食系女子が黙っていないんじゃないでしょうか?



他にも「大東駿介」さん、「田辺誠一」さん、「鈴木ちなみ」さん、Hey! Say! JUMPの「伊野尾慧」さん、マキタスポーツさん、浜田マリさんなど個性的な方が脇を固めます。


新ドラマ「戦う!書店ガール」今から楽しみですね。

Sponsord Link







posted by カミヤ at 22:40| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。