2015年10月19日

バイキングで築地パスタランチを紹介!生ウニ牡蠣マグロ野菜が女性に大人気10月19日



2015年10月19日放送のバイキングは、築地で人気パスタを紹介してくれました。

生ウニの「オステリアナトゥラーレ」、牡蠣の「サポセントゥディアキ」、「マグロの築地ボン・マルシェ」、新鮮野菜の「DCフィッシュ&シェルフィッシュ」と「カヴァタッピ」、サザエの「クーリ」、ズワイガニの「トラットリア築地トミーナ」を紹介してくれました。

オステリアナトゥラーレ

HPはコチラ

国産 生うにのスパゲティ  1,600円

国産の生ウニを8個も使った爆盛りウニパスタで、リピーター率ほぼ100%なんですって。

生ウニをクリームに混ぜ、そして、生ウニがてんこもりのったパスタです。

毎朝、築地市場で北海道産のウニを朝に仕入れてくる新鮮さも旨味と甘さを引き立てます。

国産生うにのスパゲティ1600円なんですが、これだけの生ウニをこの値段で食べれるのは都内ここだけと太鼓判を押してくれました。

サポセントゥディアキ

HPはコチラ

牡蠣と青菜のスパゲティ  1,000円

生まれも育ちも築地という店主は、幼なじみの仲買人から良いネタが安く仕入れることができるそうです。

これからが旬の三陸産の牡蠣を10個も使い、ガーリックと青菜を入れピリ辛風味に仕上げたパスタが築地でお得度No.1か2を獲るパスタです。

それも値段が1,000円で食べれるなんて、超お得ですよね。

築地ボン・マルシェ

HPはコチラ

築地マグロ ナポリタン  1,922円  ランチで10食限定
(パン、前菜、デザート、ドリンク付き)

築地ボン・マルシェは築地パスタ界で売上げNo.1ではないかといわれるほどの、人気店。

女性客も多く、食通の大企業社長さんも多く通うお店で、マグロの超希少部位を使ったパスタが特に人気なんですよ。

ここで食べたら、他で食べれなくなるなんてお客さんの声もありましたよ。

マグロの希少部位は脳天といわれる部位で、50キロのマグロからわずか300gしかとれないんですって。

その脳天を表面を軽く焼き中はレアのままで、10分間薫製にしたあと、これを特製のナポリタンと絡め、贅沢に、上にもトッピングしてあります。

このお店でしか食べれないマグロを使ったナポリタンですよ。


Sponsord Link







DCフィッシュ&シェルフィッシュ

食べログはコチラ


旬の野菜の農民風トマトソース  1,080円
(ランチセット サラダ・野菜スープ付き)

女性支持率が高いお店で、無農薬や有機野菜を築地から仕入れて、また自社農園でも野菜を栽培していて、超新鮮野菜のみを使用しているパスタ屋です。

もちもちの自家製パスタに旬の野菜がたっぷりでヘルシー志向が強い女子が8割も店内を占めるとか。

カヴァタッピ

HPはコチラ

こちらのお店も新鮮な野菜を使ったパスタが食べられますよ。

5時間煮込むトマトソースに旬の野菜をふんだんに入れたパスタが人気だそうです。

クーリ

HPはコチラ

サザエパスタ

サザエを丸ごと使った使ったクリームパスタが大人気なお店です。

このサザエパスタを食べに行列ができるとか。

肝を使った大人のクリームソースに、サザエがふんだんに入った築地ならではのパスタですね。

トラットリア築地トミーナ

HPはコチラ

築地市場内唯一あるイタリアン「トミーナ」の2号店です。

食通の間で今もっとも話題なイタリアンのお店で、食材の最新な情報と新鮮な食材が集まるそうです。

その中でも今人気あるメニューが九条ねぎとズワイガニの和風パスタなんですよ。

炒めた九条ねぎに、しょうが、ズワイガニを入れ、特製パスタソースで煮込んでできた、至極のパスタです。

でも、新鮮な食材の仕入れ具合にもよるため、いつも同じメニューがあるとは限らないようです。

それでも、他にも食べてみたいメニューがずらりとあるので、是非、食べてみたいものです。

Sponsord Link








posted by カミヤ at 13:01| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。