2015年05月22日

ココナッツオイルをご飯に混ぜて炊くとダイエットの効果がある!



ココナッツオイルをご飯に混ぜて炊くとダイエットの効果があるようなんです。

最近何かと話題のココナッツオイル。

ご飯と炊く方法や効果などを調べてみました。

炭水化物ってダイエットには大敵ですがその炭水化物の代表ともいえるご飯のカロリーが半分になるなんて、夢のようですね。



カロリーが半分になる理由は?


お米は2種類のデンプンからなっています。

消化性デンプン」と「難消化性デンプン」に分かれていて「消化性デンプン」はその名のとおり、小腸ですぐに分解されるんですが、「難消化性デンプン」は分解されにくいんです。


ココナッツオイルをお米に炊くときに混ぜることによって、ココナッツオイルに含まれている脂質がお米のでんぷん質の間に入り、分解されにくい「難消化性デンプン」に変わることがわかったそうなのです。




それも、12時間冷やしたココナッツオイルご飯を、再加熱したとしても効果は変わらないそうで、これもまた嬉しい限りです。



スリランカでは炊飯器を使わないため、鍋での調理方法を発表していますが、炊飯器でも同じ効果が期待できるのではないでしょうか?



ということでさっそく炊飯器で作ってみました。

Sponsord Link






ココナッツオイルご飯の炊き方は?




まずココナッツオイル小さじ1杯を熱湯に溶かし、計量カップ半分のお米にまぜ、鍋で強火なら20分弱火なら40分間炊きます。



炊きあがったら、そのご飯を冷蔵庫で12時間寝かす


たったそれだけ!!


とても簡単ですね。


食べてみた感想ですが、さすがにココナッツオイルをまぜているだけあって多少香りがしますが、味には変化がないので全然問題なく食べられますね。


もしもあまりいただけないような味ならば続けられないでしょうけど、これなら毎日でも食べられそうです。


これでカロリーが約半分になるなんてすごいですね。


ココナッツにはどんな効果があるの?


さて、ココナッツオイルは美容やダイエットに効果があるとブームですが、どんな効果があるんでしょう?



ダイエット効果

・脂肪を燃焼させ、エネルギーに変える
・便秘解消



アンチエイジング効果

・ボディクリーム、フェイスクリームとして使う・・・ビタミンEが豊富で、肌の乾燥を防ぐ
・ヘアクリームとして使う・・・ダメージケアの保湿効果


虫さされや擦り傷にも

・抗酸化力、抗菌力に優れているため


他にもアルツハイマー防止、動脈硬化防止、冷え性改善、サンオイル、等々、いろいろと使える万能オイルですね。


これだけの万能物、ココナッツオイルを今すぐ活用しない手はないでしょう!!

Sponsord Link




posted by カミヤ at 23:33| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。